韓国サッカー界に激震 元代表選手が強姦容疑で拘束

2022年01月03日 20時26分

W杯予選で韓国代表を応援するサポーター(ロイター)
W杯予選で韓国代表を応援するサポーター(ロイター)

 韓国サッカー界に大激震だ。元韓国代表選手が強姦容疑で身柄を拘束され、韓国メディアが一斉に報道した。

 同国紙「全国毎日新聞」は「江原FCに所属するA選手(27)を住居侵入と強姦容疑で拘束した」と報道。江原江陵警察署によると、江原FCの選手であるAとBが昨年9月末にSNSで出会った女性と会食後、ホテルに連れ込んで性的暴行に及んだ疑いで捜査を行っている。警察は同じ容疑で立件したBに対しても拘束令状を申請したが、裁判所はAの令状のみ発付してBについては請求を棄却した。

 AとBはこれまでのところ「合意のうえで性的関係を持った」と主張しているが、被害女性は無理やり性的暴行を加えられたと訴えており、警察は主犯格のAを拘束した。

 江原FCはAとBの2人に対して、新型コロナ禍で禁止されているシーズン中の飲酒を伴う会食を行ったとして無期限出場停止の処分を下した。

 同国放送局「MBC」などによると、拘束されたAは韓国代表に選出された経験のある有名選手だという。Kリーグを代表する有力選手の突然の逮捕に、韓国サッカー界に衝撃が走っている。

関連タグ: