ロシア代表FWジュバ〝ハレンチビデオ〟流出で代表追放

2020年11月09日 16時05分

〝ハレンチビデオ〟流出で代表追放――。ロシアメディア「RT」によると、サッカーのロシア代表は8日、FWアルチョム・ジュバ(32=ゼニト)をメンバーから除外したという。

 2018年ロシアW杯に出場した196センチの大型ストライカー。W杯で3得点をマークし、ロシアをベスト8に導いた国民的ヒーローだが、7日夜にマスターベーションする映像がネット上に流出。自室とみられるベッドの上でうめき声を上げながら行為に及んでいるもので、同メディアによると、映像には、不倫相手の美人プレゼンターがテレビ出演した際の音声が入っていたという。

 映像は19年12月に撮影されたものと推測されているが、国民的英雄のハレンチな姿はツイッターをはじめ各SNSで拡散され、大炎上。ここまでにジュバ本人はコメントをすることなく、インスタグラムのコメント欄を閉鎖し、所属するロシア1部ゼニトも声明を発表していない。

 ロシア代表のスタニスラフ・チェルチェソフ監督(57)は8日に「チームと選手の両方を過度の否定と緊張から守るために、ジュバをトレーニングキャンプに招集しないことを決めた」とし「アルチョムは状況を正常化するために時間が必要です。キャンプ中に、このトピックが取り上げられないことを願っている」とコメントした。