久保建英ベティス戦で魅せた!1ゴール1アシスト

2020年02月22日 12時00分

【スペイン・セビリア21日(日本時間22日)発】スペイン1部リーグ第25節、マジョルカのMF久保建英(18)は敵地でのベティス戦に先発出場し、後半25分に今季2得点となる同点ゴールを決めた。前半にはアシストをマーク。3点に絡む活躍で3―3の引き分けに持ち込み、貴重な勝ち点1をもぎ取った。

 1月19日のバレンシア戦以来、5試合ぶりの先発復帰。前半16分、カットインしてのシュートを放つと、こぼれ球を味方が詰めて先制に成功。3分後にPKで追いつかれたが、27分にはカウンターから左サイドを抜け出し、好クロスで中央のFWブディミルの得点をアシストした。

 前半終了間際にPKで追いつかれ、後半3分にリードを許す展開となったが、またも久保が輝きを放った。25分、中央でドリブル突破を図り、ペナルティーエリアに侵入すると、意表を突く右足シュートでGKの手をはじき、値千金のゴールを決めた。

 勝ち越しこそならなかったが、攻撃陣の中心としての存在感を示した日本の至宝。「自分は(先発で)出られる力があると思う。それを見せられてよかった」と胸を張った。