森保監督が今季FC東京で先発ゼロの長友を高評価 今後のスタメン起用に期待も

2022年03月16日 16時30分

長友佑都(東スポWeb)
長友佑都(東スポWeb)

 日本代表の森保一監督(53)が、所属のFC東京で今季スタメン出場がないDF長友佑都(35)のプレーを高く評価し、今後の先発起用に期待を示した。

 日本サッカー協会は16日に、カタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦(24日、シドニー)とベトナム戦(29日、埼玉)に臨む森保ジャパンのメンバー27人を発表した。

 会見で指揮官は、絶対的な信頼を寄せてここまで最終予選でスタメン起用を続けている長友に言及。今季はFC東京でスタメン出場がなく、途中から2試合に出場しただけでコンディションに不安も残るが「長友に関してはリーグ戦で後半から出場しているし、やはりいいプレー、チームとして機能を持たせる、チームを勝たせることができる。自分の役割を全うできることは見させてもらった」とそのプレーぶりを絶賛した。

 その上で「今週の試合も含めていいパフォーマンスを練習から発揮してもらい、試合に先発から出られるように見ていきたい」と今後クラブでの先発出場の機会が増えることに期待を示し、代表でも変わらぬ信頼感を強調した。

 森保監督は選考方針について「同じポジションにいい選手がいたりなどで選べない選手もいる。今回はこれがベスト」と説明しており、長友の招集は現段階でベストの選択肢というわけだ。

 長友はクラブを通じてコメントし「この予選の大一番になります。この2試合で、W杯出場を決められるように全力で戦います。一緒にW杯に行きましょう。応援よろしくお願いします」とヤル気満々。大一番でも先発抜てきとなるのか大きな注目が集まる。

関連タグ: