【なでしこジャパン】MF遠藤純 五輪延期も前向き「磨かないといけないことが長く練習できる」

2020年11月24日 19時48分

オンライン取材に応じたMF遠藤純

 なでしこジャパンのMF遠藤純(20=日テレ)が真夏の主役に名乗り出る。

 2019年フランスW杯では、チーム最年少の19歳でメンバー入りを果たしたが、チームはベスト16敗退。リベンジを誓った東京五輪は、新型コロナウイルス禍の影響で1年延期になるなど、思うような日々が過ごせていない。

 それでも、福島・Jヴィレッジで合宿中の24日に行われたオンライン取材で「1年延びたので、自分がチャレンジすることだったり、磨かないといけないことが長く練習できるっていうのはポジティブに考えている。代表の立ち位置も所属クラブでの立ち位置も、エースというか、レギュラーとして活躍できていないと感じているので、この1年で磨きをかけて、東京五輪のメンバーに選ばれるように頑張りたい」と目をぎらつかせた。

 合宿では「今まで選ばれた中で1つ自分の殻を破るというか、レベルアップした姿をこの合宿で発揮したいなと思っている」と気合は十分。空白の1年を有効に使い、さらなる進化を目指す。