【U―23アジア選手権】黒星発進の森保監督 早くも崖っ縁「難しい試合になると思っていた」

2020年01月10日 00時30分

【タイ・バンコク発】痛恨の敗戦だ。サッカー男子のU―23アジア選手権1次リーグB組の日本は9日、サウジアラビアに1―2で敗戦。森保一監督(51)の進退もささやかれている大会で早くも崖っ縁に立たされてしまった。

 日本は海外組で唯一の参戦となった食野亮太郎(21=ハーツ)を中心に攻撃を仕掛けたのに対し、サウジアラビアには日本の3バックを意識されて、左右サイドを狙われた。何度も突破を許し、ピンチを迎えるが、GK大迫敬介(20=広島)が体を張った懸命の守備で失点を防いだ。

 前半を0―0で折り返すも、後半開始直後の3分に、DFラインを崩されて先制弾を許してしまう。日本はなかなか突破口を見いだせない中、奮闘したのは食野だった。11分に左サイドからパスを受けてシュート。DFに当たって軌道が変わったものの、ネットを揺らして同点とした。

 その後、勢いを持って攻め込む日本は何度もシュートを放つが追加点を奪えない。34分にFW小川航基(22=磐田)に代えてFW上田綺世(21=鹿島)を投入。しかし、逆にカウンターを受けると、DF岡崎慎(21=FC東京)がファウルでPKを与えてしまう。43分にPKを決められ1―2で敗れた。

 森保監督は「勝利を届けられなかったのは残念。難しい試合になると思っていたが、同点に追いついた中で勝ちに持っていければよかった」と無念の表情を見せた。東京五輪アジア予選を兼ねている今大会で、日本はベスト4がノルマとなる中、初戦を落とし、早くも窮地に追い込まれてしまった。