〝金爆〟鬼龍院翔「複数の芸能関係者によると紅白落選が内定」と自ら速報

2020年11月16日 14時10分

鬼龍院翔

 エアバンド〝金爆〟こと「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(36)が16日、ツイッターで今年の紅白に出場しないことを〝速報〟した。

 NHKはこの日、大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」の出場歌手を発表。話題のガールズユニット「NiziU(ニジュー)」や、ジャニーズ事務所から同時デビューした「SixTONES(ストーンズ)」と「Snow Man」らが初出場を決めたが、発表されたメンバーの中に金爆の名前はなかった。

 2012年から13、14、15年と合計4回出場した金爆だが、今年も復帰ならず。鬼龍院は「内部の情報に詳しい複数の芸能関係者によるとゴールデンボンバーが第71回『NHK紅白歌合戦』への落選が内定したことが16日、分かった」とニュース風にツイートした。

 これにフォロワーからは「もう紅白に出してくれない、なんてアルバム出すから…」と19年に金爆が出したアルバム名を挙げて、残念がる声が上がっていた。