SKE・太田彩夏、坂本真凛、林美澪 “ずぶ濡れ公式本”をアピール「新しい一面が見られます」

2021年09月28日 20時50分

ムック本をアピールした(左から)太田彩夏、坂本真凛、林美澪
ムック本をアピールした(左から)太田彩夏、坂本真凛、林美澪

 アイドルグループ「SKE48」の太田彩夏(21)、坂本真凛(19)、林美澪(12)が28日、名古屋市内の星野書店で行われた公式ムック本「ずぶ濡れSKE48」(扶桑社)の発売イベントに参加した。

 このムック本にはSKE48の全メンバー60人が登場。滝行、ボクシング、サイクリング、激辛料理などさまざまなことに挑戦して汗や涙を流す姿が収められている。4種類のカバーで発売され、それぞれの表紙を太田、坂本、林と須田亜香里(29)が務めている。

 太田、坂本、林とも単独で表紙を飾るのは初めて。太田が「わたしでよかったのかなという不安もあったんですけど、ファンの皆さんが喜んでくださったのでうれしかったですね」と笑顔を見せれば坂本も「家族もすぐ予約してくれました。表紙を見てこの本を手に取りたいなと思ってもらえたらいいなと思います」とニッコリ。「想像以上に濡れている写真が使われていたのでビックリしたのですが、ファンの方が『この顔も好きだよ』と言ってくださったので本当にうれしかったです」と林も初の単独表紙の喜びを語った。

 予約の段階から好評で、27日の発売前に早くも重版が決定。「一人ひとりにテーマがあって、いろいろな表情が見られます」(太田)「メンバーの新しい一面が見られるので注目してほしいです」(坂本)「メンバーがいろいろなことに挑戦しているのはすごくステキだと思います」(林)と3人はアピールした。

関連タグ: