「アイツ自身がこっからどうするか?」阪神・矢野監督 接戦落とし…ドラ6中野に厳しい注文

2021年06月01日 23時05分

8回に痛い悪送球を記録してしまった阪神・中野

 阪神は1日のオリックス戦(甲子園)に2―5で敗戦。矢野燿大監督(52)は「2番・遊撃」で先発したルーキー・中野拓夢内野手(24)に一層の奮起を求めた。

 試合自体は接戦だったが、2―2で迎えた8回に中継ぎ陣が3点を失って決着。ただ、指揮官が注文をつけたのは「今日は2つとも拓夢になっちゃったってのはあるんだけど…」と中野の攻守における2つのプレーだった。守備では決勝点につながった8回一死一塁で杉本の打球処理後、二塁へ悪送球。攻撃では、初回無死二塁からバントで送れず、三振に倒れた。いずれも自軍への流れを断ち、相手を助ける格好となった。

 矢野監督は「若い選手を使っている以上、使っているこちらの責任でもあるんだけど、アイツ自身がこっからどうするか?(周りから)『コイツがエラーするんだから仕方がない』ぐらいに思われるぐらいのことを、これからやっていく必要がある」。24歳のルーキー遊撃手に向け、苦い経験を今後の糧とする必要性を説いていた。

関連タグ: