DeNAが人的補償で巨人・田中俊太獲得 三浦監督「共に優勝を目指して戦おう!」

2020年12月18日 16時42分

巨人からDeNAに移籍が決まった田中俊太

 DeNAは18日、巨人から田中俊太内野手(27)を国内フリーエージェント権を行使して巨人へ移籍した梶谷隆幸外野手(32)の人的補償として獲得したと発表した。

 田中は一塁、二塁、三塁に加え、左翼と内外野の複数ポジションを守れる万能なユーティリティープレーヤー。パンチ力を秘めた打撃、少ない出場機会ながらもプロ3年で通算6盗塁を決めている走力にも定評があり、チームとしても補強ポイントに合致した。

 東海大相模、東海大、日立製作所を経て2017年のドラフトで5位指名された巨人へ入団。プロ3年目の今季は48試合に出場し、打率2割6分5厘、1本塁打、6打点、2盗塁をマーク。ソフトバンクとの日本シリーズにもスタメン出場は1試合ながら全4試合に出場し、通算7打数2安打(安打数はチーム2位)の数字を残すなど存在感を見せていた。 

 三浦監督も田中獲得に関し「走攻守バランスが取れた選手だと思います。地元神奈川出身ということもあり、横浜DeNAベイスターズの力になってくれることを期待しています。共に優勝を目指して戦おう!」と球団を通じてコメントした。

【関連記事】