大相撲の新大関琴ノ若(26=佐渡ヶ嶽)が、地元活性化の顔になる。琴ノ若は16日、出身地である千葉・松戸市で本郷谷健次市長を表敬訪問した。「賜盃を松戸に持って帰られるように、これからもしっかりやっていきたい」と飛躍を誓った。

 千葉県出身の力士が大関となるのは1955年の松登以来、69年ぶり。地元・松戸も大きな盛り上がりを見せている。市の広報担当者は「松飛台のお店では、テレビに多くの人が集まって琴ノ若の応援をしていた」と明かす。

 今後についても「松戸には、日本の伝統文化として相撲が根付いている。優勝パレードもいいけど、それだけだとブームは一過性のものになる。若者向けにSNSなどを使って、どんどん魅力を発信していくことで街の活性化にもつなげて、長期的な関係性を築きたい」(同担当者)と期待した。

 琴ノ若も「(松戸は)僕の生まれの場所。自分が上にいって、松戸を全国的に広げていきたい」と意欲。松戸のスーパーヒーローとなり、〝相撲の街・松戸〟を確立させることはできるか。