土俵外でも〝速攻〟だ。大相撲の幕内翠富士(27=伊勢ヶ浜)が14日、東京・江東区の富岡八幡宮で妻・千尋さん(23)と挙式。「ちょっとした緊張があった。でも、思ったより落ち着いてできました。奥さんの姿? すてきかな」と幸せいっぱいの表情を浮かべた。

 千尋さんは愛知・名古屋市出身で、女優・モデルの〝朝日奈央似〟。父親が名古屋の後援会員だったこともあり、翠富士が入門した直後から2人は面識があった。コロナ禍が明けて久しぶりに再会すると、翠富士が「ああ、きれいになったな」と千尋さんにぞっこん。一昨年8月から交際がスタートし、11月の九州場所出発前に「帰ってきたら結婚しよう」とプロポーズした。わずか3か月あまりの〝速攻〟には「スピード相撲なんで」と照れ笑いした。

妻の千尋さんを〝お姫様抱っこ〟する翠富士
妻の千尋さんを〝お姫様抱っこ〟する翠富士

 昨年3月に入籍し、10月には長女・一華ちゃんが誕生。翠富士は「子供のためにできる限り長くやりたい。お金のことも、めっちゃ飲みに行ってたりしてたんですけど行かなくなりました(笑い)。ご飯をつくったり(妻を)サポートするようにしてます。楽しく明るい家庭を築けていけたら」とパパの自覚をのぞかせた。

 一家の大黒柱となり、本業の相撲も気合十分。「頑張ろうという気持ちになる。とりあえずは三役に上がりたい」と力強く意気込んだ。