2018年平昌五輪銀メダリストでロシア女子フィギュアスケート界のスターであるエフゲニア・メドベージェワが、女子グランプリ(GP)ファイナルのレベル低下を批判した。

 女子GPファイナル最終日は9日に中国・北京で行われ、坂本花織(23=シスメックス)が合計225・70点で初優勝を飾った。3位には吉田陽菜(18=木下アカデミー)が合計203・16点をマークして入り、初出場にして銅メダルを獲得した。

 日本勢の躍進が目立つ結果となったが、ウクライナ侵攻により国際大会への出場が禁止されているロシアフィギュアスケート界から現在の女子フィギュアスケートのレベルを疑問視する声が沸き起こっている。

 ロシアメディア「フォーブス」は「女子スケートは退屈になった」と題して、ロシア勢不在によってレベル低下が顕著になっているとの持論を展開。「ロシアのシングルスケーターが優勢だった時代には、この種目は非常に人気があった。しかしロシア勢の不在により、世界の女子シングルスケートのレベルは著しく低下した」と厳しく指摘した。

 そして今回のGPファイナルについても「北京では難しいジャンプはまったくなく、銅メダリストの吉田はトリプルアクセルを成功させず、膨大な数のミスがあった」と銅メダルにふさわしくないと低評価を下した。

 その上で、メドベージェワの解説を掲載。元世界女王は「正直、このレベルに動揺している。私たちは何年もの間、女子フィギュアスケートのレベルを本当に引き上げてきた。私たちの多くが、さまざまなレベルでスケートを高め、高め、さらに高めた」とロシア勢のフィギュアスケート界における貢献を強調。そして女子GPファイナルに出場した選手たちを「しょっぱい印象だ」とバッサリ斬り捨てた。

 もちろんGPファイナルの結果は正当なものであるだけに、メドベージェワによる批判は国際大会からの出場禁止が続くロシア勢の恨み節と言えそうだ。