日本維新の会の猪瀬直樹参院議員が9日、参院厚生労働委員会に出席し、巨額のコロナ予算について追及した。

 2020年の新型コロナウイルス発生から3年が経過し、5月8日に2類相当から季節性インフルエンザと同じ5類に移行した。一方でコロナ対策として3年間で102兆円が投入された。

 猪瀬氏は「5類に移行して半年が経過し、どのように国費が投入されたか検証する必要がある」と切り出し、5類移行後も続く特例措置などについて質問。中でも問題視したのがワクチンの廃棄問題だ。

 厚生労働省報道発表資料を基に猪瀬直樹事務所の調べでは廃棄見込み数2億2630万回分に上る。猪瀬氏は「単価3000円として計算すると7000億円です。我々の血税がドブに捨てられているわけです。オミクロン株(のワクチン)だけで1億1000回分が廃棄されたんですよ。これは調達方法に大きな問題があったと言わざるを得ない。ドブに捨てた7000億円を国民にどう説明できるのでしょうか」と問いただした。

 武見敬三厚労相は「外国のワクチンに頼らざるを得ず、競争の中での価格にならざるを得なかった。国民の命を守るためには一定のゆとりを持って購入することは当然だと思います」と回答したが猪瀬氏は「多少は余ってた方がいいですよ。でも7000億円は過大ですよ」とあきれたように話した。

 怒りの収まらない猪瀬氏を委員会終了後に直撃。「3月の予算委員会で警告した通りになった。当時の廃棄数は6000万回分で金額にして1800億円。『この問題はもっと出てくる』って警告したにも関わらず結局7000億円に膨らんだ。民間と違って7000億円という金額に驚きとか痛みがない。全国の小、中学生の給食費を無償化にした場合の費用は3000から4000億円の間。その2倍。いかに大金かということが分かるでしょ?という話」

 猪瀬氏は「コロナも検証委員会を作るべき」と提言し、「102兆円の検証をしなきゃいけない。じゃないと、このままずるずるいってしまう」と語気を強めていた。