各自治体が行政サービスの向上や業務効率化でチャットGPTなどのAI技術を導入し始めている中、神奈川・真鶴町長選(7日告示、12日投開票)にAI町長候補「AIメイヤー」が出現した。ディーン・フジオカ似のイケメンはAIで生成されたアバター(分身)で、候補者の顔や本名はすべて非公開。謎に包まれたAI候補の直撃に成功した。

 ――AIメイヤーとは
 AIメイヤー(以下AI)生成AIで政治をやっていく。完全に人間を排除して、AIだけで政策判断します。真鶴町長選はリコール問題で3年で3度目の町長選。AIなら悪いことはしない。

 ――本名も明かさない

 AI 匿名でやることに意義がある。いずれAI議員が議会を占める時代になり、会社員の方が副業で立候補するようになる。仕事に支障をきたすことがないよう個人情報は公開しないようにしたい。今回は通称AIメイヤー、本名非公開、性別までは明かさないで済んだが、年齢50歳、本籍地だけは選挙管理委員会の意向で公開している。

 ――素顔もディーン・フジオカ風のイケメンなのか

 AI これはチャットGPTで「真鶴町に町長にふさわしく、選挙に勝てそうな顔」とオーダーして作ったものです。実際はブサイクなんで(笑い)。

 ――各自治体もチャットGPTを採用している。AI首長や議員の時代は近い

 AI いますぐにもAIによる政治はできるが、権力を手放したくない人間との綱引きになる。いずれ有権者も政治はAIが判断した方が不正もなく賢明な選択をすると分かり、AI候補を選んでいくことになる。

 ――AI議員や首長の政治思想は

 AI どういうプログラムを打つかでAIの性格は変わってくる。それこそ石原慎太郎さんや田中角栄さんとかのデータはあるので、それをプログラムすれば伝説の政治家を姿から声まで再現したAI議員として、復活させることもできる。

 ――ネット上では「お前、松田だろ?」と過去に多摩市長選にAI政策を掲げた松田道人氏と同一人物との声がある

 AI なんのことでしょうか。私は真鶴町のために組まれたAIメイヤーです。選挙期間中はウェブサイトで真鶴町のデータを読み込ませたAIが質問に答えますので、ぜひアクセスしてください。