元日本代表MFでエースナンバー10を長く背負った中村俊輔氏(45=現横浜FCコーチ)が、スペイン1部レアル・ソシエダードに所属する日本代表MF久保建英(22)が躍進する理由を語った。

 俊輔氏は欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4戦(8日=日本時間9日)で、久保率いるRソシエダード―ベンフィカ(ポルトガル)戦を中継した「WOWOW」で解説を担当。今季の久保について「レベルが上がって貫禄さえ感じている。自分が得意なプレーを連続して続けているのが、できているので体に染みついてリズムが良くなる。それがプレーに見えている」と好調の要因を明かした。

 また、俊輔氏はRソシエダードのチーム編成にも言及。久保がプレーしやすい布陣になっているとし「中盤3人(MFマルティン・ズビメンディ、MFミケル・メリノ、MFブライス・メンデス)の構成力が素晴らしいので、その前にいる久保選手がいいアングルで仕掛けられている」と分析。その上で積極的に守備へ取り組む姿勢に関しても高く評価した。

 さらに、久保が得意なドリブルについても「コース、質もですけど、止まれるし、逆サイドにも運べるのが特長で久保選手がボールを持てば『こうなるよね』って周りが動き始める」と〝久保効果〟を指摘。久保自身はもちろん、他イレブンのプレー選択肢が広がっていることから「チームに与える影響は素晴らしい」と大絶賛した。

 俊輔氏にとって久保はFK技術を指導するなど〝まな弟子〟ともいえる存在。「実力は上がってきているので今後も楽しみ」とさらなる活躍を期待していた。