パ3位のソフトバンクは26日の4位・楽天戦(楽天モバイル)に1―2で敗れ、3連敗を喫した。相手はAクラス入りを狙う眼下のライバル。直接対決はあっさりカード負け越しが決まり、ゲーム差は3に縮まった。首位オリックスと13・5ゲーム差、2位ロッテとは4ゲーム差。最大15あった貯金がなくなり、27日の同カードに敗れると、藤本政権初の借金生活となるだけに連敗阻止が絶対使命となる。

 0―1の5回に今宮の8号ソロで試合を振り出しに戻すも、6回に決勝点を奪われての惜敗。試合後、藤本監督は「なかなか1点差ゲームで勝てないね。投手も頑張って、野手も頑張って、みんな頑張ってるんだけどね」と言葉を絞り出すしかなかった。

 24日ロッテ戦は4点差をひっくり返されて逆転負けを喫し、前夜はリードを守れず延長に持ち込まれてのサヨナラ負け。試練が続いている。