立花孝志氏らと代表権争いを繰り広げている政治家女子48党の大津綾香氏陣営で、大津氏と幹事長を解任された黒川敦彦氏との間で、バトルが勃発した。

 大津氏は15日に黒川氏の幹事長解任を発表した。黒川氏は事実上のクビを宣告されたやりとりの音声を大津氏の了承のもととして、ユーチューブに公開していた。

 本当に公開を同意したのかと尋ねられた大津氏はX(旧ツイッター)に「録音なさってることは知りませんでしたが止めても出すだろうと思いましたので、そうですか、分かりました。と言いました。最後そのぐらいは仕方ないのかなとも思いましたが、これからは党内の会話が常に録音されYoutubeに晒されるかもしれないと思わずに済む人選で運営したいと思います」と回答した。

 これに黒川氏は大津氏も会話を録音していることを指摘し、「大津さん、ウソはやめて下さい 昨日の録音音源、大津さん自身も録音して ここさん動画でYoutube公開させてますよね?」と大津氏側もやりとりを録音し、公開していた事実を指摘。過去にも別のやりとりで録音していたことを挙げ、「録音して公開したのは、大津さんあなた自身ですよ 本当にまずいですよ。自分の保身のためならウソをつく、仲間は利用して平気で切り捨てる」と断罪した。

 ウソつき呼ばわりされたことで大津氏もすぐさま反応。「信用がないので保身のために録音しました。スラップを仕掛けられるN界隈では大事なことになりつつあります。あとから言った言わないを防ぐためです。私はYoutubeで儲けようとは思っていませんので表に出すことは考えたことはありませんが、今行われているような街宣や大麻など謎の印象操作に、ある程度打ち返す必要もある」と録音は自衛のためだと釈明した。

 そのうえで大津氏側でも音声を公開したのは、黒川氏が音声公開を予告したことに対抗するための措置だったとして「こういうモラル、遵法精神のない旧N体質から脱却するため、黒川さんと一緒にやっていけないと思ったので、今はすっきりした気持ちでもあります。今後はこういう政治に関係ないお祭りに悩まされずに、実直にやるべきことをやっていきます」と改めて黒川氏に三くだり半を突きつけた。