WWE真夏の祭典「サマースラム」(5日=日本時間6日、ミシガン州デトロイト)は、フォード・フィールドに集まった5万9194人大観衆の前で驚きの連続となった。

 メインのWWEユニバーサル王座戦は、絶対王者ローマン・レインズが「トライバル・チーフ」の座もかけて、いとこのジェイ・ウーソと激突。最強ユニット「ザ・ブラッドライン」で勃発した内紛の決着戦はイス、テーブル、竹刀、ストラップが飛び交う死闘となった。ジェイは必殺ウーソスプラッシュを放ったが、ここで何と双子の兄ジミー・ウーソが介入。反旗を翻したはずのレインズを助けて弟のジェイの足を引っ張り、スーパーキックを浴びせた。すかさすレインズがスピアーでジェイをテーブル葬。3カウントを奪ってベルトを死守した。

 世界ヘビー級王座戦は、王者セス・ロリンズに闇落ち軍「ザ・ジャッジメント・デイ」のフィン・ベイラーが挑戦。白熱の名勝負となったが、終盤でジャッジメント・デイのMITB覇者ダミアン・プリースト、女子世界王者リア・リプリー、NXT北米王者ドミニク・ミステリオが介入して大混乱に。最後はプリーストが持ち歩くMITBのブリーフケースに、ストンプでベイラーを叩きつけたロリンズが防衛に成功した。プリーストはキャッシュイン(MITB覇者として権利行使)しなかった。

 ここまで対戦成績1勝1敗のブロック・レスナーとコーディ・ローデスの決着戦は、レスナーがスープレックス・シティー、キムラロックの猛攻。これをしのいだコーディが、おきて破りのキムラロックでレスナーの左腕に大ダメージを負わせた。最後はクロスローズ3連発で、無敵の〝ザ・ビースト〟から堂々の3カウントを奪った。試合後はレスナーがコーディに握手を求め、故ダスティ・ローデスの息子をたたえた。

 30人参加の「サマースラム・バトルロイヤル」は、〝キング・オブ・ストロング・スタイル〟中邑真輔が8番目に脱落。最後はLAナイトとシェイマスの一騎打ちとなり、LAナイトがラリアートで元WWE王者を場外葬にして優勝した。

 米人気ユーチューバーのローガン・ポールとリコシェのスーパーハイフライヤー対決は、壮絶な空中戦の打ち合いに。最後はローガンが婚約者のスーパーモデル、ニーナ・アグダルが見守る前で凶器のブラスナックルでリコシェを殴りつけ、勝利を飾った。