4日に自身のSNSで入籍を発表したフィギュアスケート男子で五輪2連覇を達成したプロスケーターの羽生結弦(28)に対し、多くの同業者からも祝福のメッセージが届いている。

 かねて「1」にこだわりを持つ羽生は、4日の午後11時11分に入籍を報告。「いつも応援してくださり、ありがとうございます。この度、私、羽生結弦は入籍する運びとなりました。これからも、最高のスケートができるよう、一つ一つ、一瞬一瞬を積み重ね続けます。今後の人生も、応援してくださっている皆様と、スケートと共に、全力で、前へと、生きていきます」などと決意を新たにした。

 3月の「notte stellata」で共演し、2014年ソチ五輪でもともに戦ったプロスケーターの鈴木明子氏は、羽生の報告を引用する形で「おめでとう。末永くお幸せに」と投稿。羽生と同級生でプロスケーターの村上佳菜子氏も「ゆづ!!ご結婚おめでとう御座います!」とお祝いした。

 現役スケーターも喜びの言葉を寄せており、2018年グランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平梨花(トヨタ自動車)は「羽生くんご結婚おめでとうございます。結婚報告とても驚きました!!お相手様、スケートと共に、この先も笑顔溢れる素敵な人生を歩めることを願っております。ずっと応援しています!お幸せに」、4回転半ジャンプ(クワッドアクセル)を跳ぶイニア・マリニン(米国)は「ユヅル、おめでとう!」と英語でつづった。