モテ男の決断とは――。キック界のドン・ファン〟こと皇治(33)が、またまた大放談だ。格闘技イベント「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)で、ボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45=米国)のボディーガードを14年務めるジジ(40=イラン)とのエキシビョンマッチを控えるが、話題は大きく脱線。自身の路チュー騒動、ボクシングに準じたルールで行われるメイウェザーVS朝倉未来(30)のエキシビション戦の展望などを存分に語った。

 ――今回の試合のテーマは

 皇治 みんなを盛り上げること。そして圧倒すること。あとはアイツが日本人をなめた発言(過去に「日本のファイターは弱く礼儀知らずだ」と挑発)をしていたんで、それを分からせてやる。その3つですね。

 ――圧勝すると

 皇治 しますよ。倒します。技術の差を、一発で倒せるっていうのを見せたいですね。

 ――そうは言っても2019年11月以来、KO勝ちから遠ざかっている

 皇治 そうなんですよ。でも、ここだけの話、俺がKO勝ちしたら完璧になってしまうでしょ。アンチが叩くところがなくなるじゃないですか。しゃべりはおもろい、男前、ほんで倒してもうたら…。どこかで欠点をつくっとかんと。それに「欠点がかわいい」ってなってモテるんですよ。分かります? だからモテるために倒してこなかっただけですやん。

 ――さすがに暴論だ…

 皇治 でもね、俺ももう「モテてしゃあない」は卒業しましたから。倒してモテなくなろうと。

 ――写真週刊誌にモデル・西山茉希(36)との路上キスを撮られたからか

 皇治 やめえて! でも、まあ近日発表しますよ。ドン・ファンの決断を。プライベートでも盛り上げようかなと。

 ――そんなことより現在の交際相手の人数は

 皇治 それは、また今度教えたる。まあ(相手が)おるとしたら、こうと決めた女一人や。ほんまにモテるんで。だから、こうして公言してるんじゃないですか。なんでそれを撮るのかが分からん。

 ――確かに撮られすぎだ。ワキが甘いのでは

 皇治 せやけど俺は今回、金で買えないものをホンマに見つけたんすよ(遠い目)。それをメイウェザーに教えたい。「金で買えないものがあるんやで」っていうのをマネー(メイウェザーの愛称)に教えてやりたい。ドン・ファンは愛を知ったんちゃいますか?

 ――そもそも、なんでそんなにモテるのか

 皇治 やっぱり責任を取ることですよ。どんな形であっても。それに尽きます。

 ――そのメイウェザーと未来の試合はどんな展開になると思うか

 皇治 厳しい戦いになるでしょうね。なかなか(パンチが)当たれへんと思う。だけど、ケンカをしたらミクルン(未来)の方が強いんやから。断然に。それをルールの中でいかにできるかですよ。気迫もそうやし。3分3ラウンドなんで、ずっとウワーいったらいいんですよ。息切れで倒れてもいいっていうくらい、かけるべきやと思うんです。よく「大振りは当たらん」って言うじゃないですか。でも、小細工も当たらんですから。

 ――それならダウンを取る可能性もあると

 皇治 取ったらすごいわ そしたら「みくるサン」って呼ばなあきませんね。今回ばかりは応援してますよ。一緒にTMT(メイウェザーのチーム「ザ・マネー・チーム」)を潰したい。

 ――ところで会見で着けていたアクセサリーがメイウェザー風だったが

 皇治 (腕時計を見せて)実際これ、メイウェザーがインスタに載せてたのと同じやつですよ。値段? 1600万円くらい。ネックレスは3本合計で1400~1500万円くらいです。

 ――まさに日本のメイウェザーだ

 皇治 そういう意気込みってことですよ。ルックスは俺の方がかっこいいですやん。戦績だけちょっとだけあっちが上で。あれ、50戦でしょ? 俺も50戦ちょっとやってるから同じようなもんですよ(笑い)。