K―1のエース・武尊(30)が27日に記者会見を行うことが発表された。

 武尊は立ち技メガイベント「THE MATCH」(19日、東京ドーム)でキック界の神童・那須川天心との頂上対決が実現。1Rにダウンを奪われるなど0―5の判定負けを喫した。

 戦前から「負けたら引退」を公言していた武尊は去就に注目が集まっていたが、23日にSNSを更新し「この10年間 勝ち続けてることで自分の存在価値があって 負けたら全てを失うと思ってた。負けた後の想像をするだけで 毎日怖くて寝れなくて 今周りにいる人達やファンも 負けたらたくさん離れていくのを覚悟してた」と心情を吐露。その上で「でもリングを降りて 花道を退場しようとしたら 敗者の僕に対して たくさんの人が集まってきてくれて みんなが『ありがとう』と言ってくれた。そんな言葉を貰えると思ってなくて 涙が止まらなかった。その時の声や景色を思い出すだけで 今も涙が止まらなくなる。勝って報われることは出来なかったけど こんなにたくさんの人に試合を見てもらえて たくさんの人が一緒に泣いてくれて 生きる希望を貰いました。と言ってくれる人がいて 心と身体がボロボロになっても 命を削って戦ったこの10年が 報われた気持ちになりました」と心境の変化を明かした。

 さらに武尊は「満席の東京ドームで こんな景色を見せてくれて 僕に関わる全ての人達に 心から感謝しています。本当にありがとうございました。心と体を治して また前を向いて進みます」と現役続行とも受けとれるメッセージを記していただけに、公の場で何を語るか注目が集まる。会見は27日午後2時から行われ、武尊とともにK―1の中村拓己プロデューサーが出席する。