現場騒然!大坂なおみ取材拒否…と思いきや引き返して涙 約1時間の大ドタバタ劇

2021年07月27日 15時55分

会場に戻り取材に応じる大坂
会場に戻り取材に応じる大坂

 東京五輪でとんでもない〝大坂劇場〟が巻き起こった。東京五輪のテニス女子シングルス3回戦が27日、有明テニスの森で行われ、世界ランキング2位の大坂なおみ(23=日清食品)が同42位のマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)に1―6、4―6とまさかのストレート負け。聖火ランナー最終走者の大役を務めた〝顔〟は早々と姿を消したが、その直後に大混乱が待っていた。

 五輪では試合後に必ずミックスゾーン(取材エリア)を通らないといけないルールがある。受け答えするかどうかは自由だが、通過は避けられない。どの競技でも選手は順守している。しかし、敗戦でショックを受けた大坂はそのエリアを通らず、別ルートで引き揚げてしまったのだ。最大で2万ドルの罰金が科せられるだけでなく、開催国として大きな汚点を残してしまう。顔面蒼白となった日本テニス協会の土橋登志久強化本部長はすぐにマネジャーに連絡を取ったが、すでに大坂は車に乗り込んでいた。取材エリアのスタッフは大慌て。大坂陣営からは「もう彼女は戻ってこない。コメントだけ出す」との通達がメディアに届く事態に。そこから土橋氏は電話で大坂陣営に事情を説明。すると、大坂は「(ルールを)知らなかった」として、急きょ戻って来ることとなった。

 だが、多くの海外メディアはすでに帰り、閑散とした取材エリアに再び大坂が戻ってくることになったからスタッフはビックリ。「戻ってくるってー!」「えー、どうしよう」と周囲が騒然となる中、大坂はゆっくりと取材エリアに歩いてきた。その後、ミックスゾーンを通過しながら3か所でマイクの前に立ち、自らの口で敗戦の弁を語った。大坂は「いつもうまくいくわけではない。(五輪で)プレーできたことは良かった」と小さな声で話すと、目から大粒の涙がこぼれた。最後は笑みを浮かべ、大きくうなずいて会場を後にした。

 危機一髪の状況から、何とか説得して状況を打破した土橋氏は「一時は覚悟を決めました。これは大変なことになる、と。しかし、(大坂の)チームにコンタクトを取って、ルールを説明した結果、戻ってきました」とホッと胸をなで下ろした。プロ選手を抱えるテニス協会は他競技と違い、選手と直接やり取りできずにマネジメント会社を通さないといけない状況もある。土橋氏は「本当に難しい。だが、究極の選手であるナオミがいるおかげで経験できることもある。いい勉強になりました」と話した。

 聖火ランナー最終走者を務め、初戦、2戦目と快勝したと思ったら、最後は大騒動。大坂の五輪は5日間で終わったが、去り際まで「主役」を張っていた。

関連タグ: