【テニス】ヨーロピアンOP棄権の錦織圭「肩の状態が100%ではない」

2020年10月20日 21時52分

欠場を決めた錦織

 男子テニスのヨーロピアン・オープン(ベルギー・アントワープ)のシングルス、ダブルスの各1回戦を右肩痛のため棄権した世界ランキング36位の錦織圭(30=日清食品)が20日、自身の公式アプリで現在の心境を口にした。

 マスクを着用した錦織は「まだ肩の状態が100%ではないので、残念ながら欠場することになりました」と棄権の理由を語った。約1年ぶりの出場となった全仏オープンで痛めた右肩が、やはり万全ではない様子だ。

 その上で錦織は「ショックはありますけど、この1週間をしっかり練習で鍛えて、またビエナ(ウィーン)の大会に向けて準備していきたいと思います」と、26日開幕のエルステバンク・オープン(オーストリア・ウィーン)へ決意を新たにした。

【関連記事】