不倫・瀬戸大也のせいで…千葉県知事出馬浮上の「S・D」鈴木大地氏にとばっちり

2020年10月18日 05時16分

瀬戸(左)と鈴木大地氏

【スポーツ情報局】

 水泳担当記者 競泳男子の東京五輪代表、瀬戸大也(26)の不倫騒動で思わぬトバッチリを受けた人物がいましたよ。

 デスク 家族、スポンサー以外にも〝被害者〟がいたか。

 記者 ソウル五輪の競泳男子100メートル背泳ぎ金メダルの鈴木大地氏(53)ですよ。

 デスク 前スポーツ庁の長官だよな。

 記者 実は不倫ネタをつかんだ週刊新潮が瀬戸を練習場で直撃しようとした時、なんと人違いで別の選手を直撃しちゃったみたいなんですよ。相手女性の写真を見せ、カメラもバシャバシャ。なのに別人だった。マスクをしていて顔が判別できなかったようです。

 デスク それが鈴木大地氏だったってか。

 記者 いえ、違います。間違われたのは現役選手ですが、その話は関係者の間を駆け巡り、瀬戸も自分が狙われていることを察知し、報道が出る数日前に観念したそうです。ただ、噂は伝言ゲームのように広まり「水泳界の大物S・Dのスキャンダルが出る」って話になって…。

 デスク そうか。鈴木大地氏もイニシャルは「S・D」だもんな。

 記者 当時はちょうど鈴木氏がスポーツ庁長官を退任し、千葉県知事選出馬の話が出始めたころ。ザワついた関係者もいたようですよ。

 デスク 確かに、そのタイミングでスキャンダルの噂が出たら出馬は完全にアウト。恐ろしい〝S・D違い〟だな。

 記者 今回は笑い話ですし、鈴木氏の耳にまでは届いていませんが、一歩間違えたら人の人生を変えかねません。

 デスク くれぐれも人違いには気を付けてくれ。