池江璃花子が406日ぶりプール「言葉に表せないくらい嬉しくて幸せ」

2020年03月17日 21時05分

池江璃花子

 白血病で闘病中の競泳女子の池江璃花子(19=ルネサンス)が17日、自身のSNSで406日ぶりにプールに入ったことを明かした。

 池江は「病院の先生の許可がやっと出て、プールに入ることができました。406日ぶりのプールらしい!言葉に表せないくらい嬉しくて、気持ちが良くて、幸せです」と報告。感染拡大が止まらない新型コロナウイルスについては「わたしを含め、感染予防、対策をしっかりとし、1日でもはやく収束することを願います」とつづった。