【九州場所】“ご当所” 正代 地元ファンの前で痛恨黒星発進「立ち合いは悪くなかったが…」

2021年11月14日 20時20分

土俵際で粘った正代(左)だが…(東スポWeb)
土俵際で粘った正代(左)だが…(東スポWeb)

 痛恨の黒星発進だ。大相撲九州場所初日(14日、福岡国際センター)、大関正代(30=時津風)が幕内大栄翔(28=追手風)に敗れ、初日からつまずいた。

 立ち合いで激しく当たり、前に出ようとするも逆に体を起こされてそのまま土俵際へ。最後は押し倒されて黒星を喫した。取組後は「立ち合いは悪くなかったが、その後が出なかった。(体の動きを)もっと鋭くしなければ(いけなかった)」と反省が口を突いた。

 九州場所は2年ぶりの開催。熊本出身の自身とって「大関正代」として地元ファンの前で相撲を取る初めての機会でもある。2度目の優勝へ強い意欲を示す中、この日は「地元なんで、拍手もいつもより多かったんじゃないかと思う」と期待の高さを感じたという。最後は地元のファンと喜びを分かち合うためにも、この敗戦を引きずるわけにはいかない。

関連タグ:

ピックアップ