【TOTOジャパンクラシック】古江彩佳 7バーディーで2位浮上「地元で気持ちが高ぶる」

2021年11月05日 18時30分

古江彩佳(東スポWeb)
古江彩佳(東スポWeb)

 女子ゴルフの「TOTOジャパンクラシック」2日目(5日、滋賀・瀬田GC北C=パー72)、4位から出た賞金ランク2位の古江彩佳(21=富士通)は7バーディー、2ボギーの67で回り、通算9アンダー、首位と1打差の2位に浮上した。首位は小祝さくら(23=ニトリ)。

 出だしの1番でバーディー発進も、2、3番で連続ボギー。しかし、その後6つのバーディーを奪う進撃で、トップに迫る位置に着けた。「最初はドタバタしたので、気を引き締めないと、と。最後のバックナインでバーディーをたくさんとれたので良かった」と笑顔で振り返った。

 地元開催に自然と気合が入る。プロ転向前、畑岡奈紗が優勝した18年大会は、見学に訪れた。「車ですぐ来れる距離だったので、海外の選手もたくさん来ていて、こういうチャンスしかないと思って来た。海外の選手が多く迫力があった」。強烈な印象を残したその大会で、3年後に自分が優勝争いに加わっていることに「うれしいですね」と率直に語った。

「地元で頑張りたいなというのはある。何がと言われるとアレですけど、気持ちが高ぶるというか。頑張りたい」と意気込んだ古江。好プレーが期待できそうだ。

関連タグ:

ピックアップ