【ツアー選手権リコー杯】3週連続V狙う古江彩佳 終盤失速15位「原因は分かっています」

2020年11月26日 19時45分

初日を71で終えた古江彩佳

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコーカップ」初日(26日、宮崎・宮崎CC=パー72)、ツアー3連勝がかかる古江彩佳(20)は71のラウンドで1アンダーの15位発進となった。首位は原英莉花(21=日本通運)で5アンダー。

 12番でこの日2つ目のバーディーを奪った古江は続く13番パー5、残り28ヤードからの3打目をSWで放り込みイーグル。この時点で3アンダーとし、リーダーボードの上位に名を連ねた。
 ところが、14番パー4は2打目をグリーン奥に外して寄らず入らず、15番パー4は15メートルから3パット。パーセーブ率1位の古江には珍しい連続ボギーに「ちょっとショックでした」と苦笑いだった。

 好調時に比べ、ややショットが乱れ「体のバランスが違ったのかなと思います。明日、修正できるかは分からないけど、原因は分かっています」。苦しみつつも、アンダーパーをマークし、ホッとした様子だった。