【マラソン】日本新・鈴木健吾が一夜明け会見 1億円ボーナスは「考えていなかった」

2021年03月01日 09時17分

鈴木健吾

 びわ湖毎日マラソン(28日、滋賀・皇子山陸上競技場発着)で2時間4分56秒の日本新記録で初優勝した鈴木健吾(25=富士通)が一夜明けた1日朝、オンラインで記者会見に臨んだ。鈴木は「いろんな人から連絡をいただいたり、メディアにとりあげていただいたりして、日本新を出したんだなと、と少しずつ実感している次第です」と反響の大きさに驚いた様子だった。

 日本実業団連合が日本新記録樹立者に出していた報奨金1億円の制度がすでに終了し、大ボーナスがもらえないことが話題に。鈴木は「東京五輪(に向けた制度)の話だと思っていたので、考えていなかったです。以上です」とほほ笑みながら、さわやかに〝大人のコメント〟を残した。

 会見前に早速走ったそうで、体調については「思った以上にダメージがきているなという感じ。前ももあたりに少しきているなという感じ。少し休養して、次に進みたい」と話した。

関連タグ: