【フェンシング】団体金メンバー・宇山賢が現役引退を表明「東京五輪は一生残るものに」

2021年10月12日 23時35分

引退を表明した宇山賢
引退を表明した宇山賢

 東京五輪・フェンシング男子エペ団体で金メダルに輝いた宇山賢(29=三菱電機)が12日、自身のSNSを更新し、現役引退を発表した。

 東京五輪では見延和靖(ネクサス)、山田優(自衛隊)、加納虹輝(JAL)とのメンバーで、開催国枠での出場ながら決勝に進出。決勝ではROC(ロシアオリンピック委員会)を45―36で下し、男女全6種目を通じて日本勢初の金メダルを獲得すると「エペジーーン」が大きな話題となった。

 宇山はSNSを通じ「この度選手引退を決意しましたことをご報告させて頂きます。中学でフェンシングと出会い、約17年間競技に打ち込んでまいりました。決して順風満帆な道のりではありませんでしたが、今振り返るとたくさんのチャンスに恵まれた競技生活でした」と振り返った上で「東京2020オリンピックでは、出場のみならず金メダルを獲得するという自身の夢が叶う瞬間を皆様と共有でき、一生に残るものになりました。関わって頂いた全ての皆様に最大の感謝を申し上げます。応援ありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。

 今後は三菱電機で業務に取り組みながら、フェンシングやスポーツ全体の普及活動に努めていくという。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ