【東京五輪・パラ組織委】高橋尚子氏ら女性理事12人を選任 橋本会長「大事なのは何をすべきか」

2021年03月03日 18時13分

組織委の橋本会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は3日、都内で評議員会を開き、シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子氏(48)らの女性理事12人を新たに選任した。

 今回の理事増員は橋本聖子新会長(56)が打ち出した女性理事40%を達成するため。従来の理事の上限数は35人だったが、これを45人まで引き上げ、女性理事19人にしたことで比率は20・6%から42・2%になった。

 新理事の顔触れは多岐にわたり、元アスリートは2人だけ。その他はスポーツマネジメント、スポーツ政策、スポーツ医学、弁護士、経済界などから選任された。

 橋本会長は「多様性、調和、ジェンダー平等といった様々な角度からご意見をいただける方に参画していただこうと思い、このような人選になった」と説明した。さらに「比率を上げればいい、人数を増やせばいいということではないと思う」と話した上で「大事なことは何をすべきかということ。理事会は数が限られていますが、リモートやヒアリングで専門家の方々にしっかりしたご意見やご提言をいただき、それを日々まとめていくことが重要」と語った。

 新しい理事は以下の通り。

 ・大日方邦子(日本パラリンピアンズ協会会長)
 ・斎木尚子(日本スケート連盟副会長)
 ・佐々木かをり(イー・ウーマン代表取締役社長)
 ・白石弥生子(東京都障害者スポーツ協会会長)
 ・白波瀬佐和子(東大大学院教授)
 ・高橋尚子(JOC理事)
 ・芳賀美津枝(登別アシリの会代表)
 ・林いづみ(弁護士)
 ・日比野暢子(桐蔭横浜大教授)
 ・籾井圭子(JOC常務理事)
 ・矢野晴美(国際医療福祉大教授)
 ・來田享子(中京大教授)

関連タグ: