森喜朗会長が驚きの密集避け聖火リレープラン「人気タレントは田んぼ走ればいい」

2021年02月02日 21時34分

密を避ける聖火リレーの私案を明かした森喜朗会長

 東京五輪組織委員会の森喜朗会長(83)が仰天の聖火リレープランを披露した。2日に都内の自民党本部で開かれたスポーツ立国調査会、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部の合同役員幹部会の冒頭あいさつで、3月25日にスタートする聖火リレーについて「密を避けたい」と強調した。

 聖火リレーには人気タレントや知名度の高いアスリートらの参加が予定される中、新型コロナウイルス感染防止の観点から「できるだけ派手にやらないようにという点が強い。走る方も見る方も楽しみだが(コロナ禍で)水を差された。密を避ける方法を各自治体と話し合っていきたい」と沿道などに観客が密集する懸念に対し、対応策を模索していく構えだ。

 その五輪前の花形イベントを遂行するための一つの案として「人気のあるタレントはあまり人の集まらない所を走れば。田んぼで走ったら一番いいんじゃないか。田んぼは広々としているから」と驚きの私案を披露した。

 確かに広い田んぼなら密集は避けられそうだが…。果たして最適な形を見つけ出すことができるだろうか。

関連タグ: