東京五輪・パラリンピック 観戦チケットデザイン発表

2020年01月16日 11時30分

観戦チケット

 日本らしさが全開だ。「紅」「藍」「藤」「松葉」の4色を取り入れた東京五輪・パラリンピックの観戦チケットのデザインが発表された。

 十二単(じゅうにひとえ)で使用される色の組み合わせ“かさねの色目”を用いることで、四季折々の自然の色合いを演出。さらに、各競技の絵文字「ピクトグラム」を配置することで、会場を訪れた際の連動感や一体感だけでなく、コミュニケーションツールとして情報を伝える役割も担う優れものとなっている。各色とピクトグラムの組み合わせで、開閉会式を除いて五輪は59種類、パラリンピックは25種類。当選・購入して紙チケットの発行を希望した人には5月以降に届く。