嘱託殺人容疑で医師2人逮捕 SNSで浮上した安楽死実行への道

2020年07月24日 11時30分

 3人の関係は? 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(51=当時)の依頼を受け、薬剤を投与して殺害したとして、京都府警捜査1課は23日に嘱託殺人容疑で、宮城県名取市でクリニックを営む仙台市の医師・大久保愉一容疑者(42)と東京都の医師・山本直樹容疑者(43=同左)を逮捕した。

 両容疑者は、京都市内のALS患者で無職の林優里さんに依頼され、昨年11月30日夕に自宅マンションを訪れ、薬物を投与し、急性薬物中毒で死亡させた疑いが持たれている。

 林さんは体が動かせず24時間介護が必要だったが、会話はできる状態。周囲には「この生活を終わらせたい」と漏らしていた。

 事件当日、両容疑者が部屋を訪問し、約5~10分後に退室すると、別室から戻ったヘルパーが意識不明の林さんを発見。搬送先の病院で死亡した。林さんの体内からは薬物が検出され、防犯カメラの映像などから両容疑者を特定した。

 捜査関係者によると、林さんはSNSを通じて大久保容疑者に「安楽死させてほしい」と依頼。山本容疑者の口座には、林さんから100万円以上の現金が振り込まれていた。両容疑者は林さんの主治医ではなく、面識はなかったとみられる。

 大久保容疑者のものとみられる匿名のブログでは、「高齢者は見るからにゾンビ」「寝たきり高齢者はどこかに棄てるべき」などと優生思想的な主張を書き込んでいたという。一方で、ALS患者の主治医を経験した結果として「彼らが『生き地獄』というのも少しはわかる」とし、「神経難病などで『日々生きていることすら苦痛だ』という方には、一服盛るなり、注射一発してあげて、楽になってもらったらいいと思っています」と投稿してもいた。

 大久保容疑者は元厚労省の官僚で、2018年に仙台でクリニックを開院。緩和ケアに力を入れていた。妻は元衆院議員。大久保容疑者を知る医師は「医系技官としてマジメに社会の医療制度について考えていて、とても信頼のおける人だった」と語っている。