駅弁60食!ケーキも形を崩さずに提供 大宮駅に設置「ウルトラ自販機」最新技術

2019年12月05日 16時00分

ケーキが販売できる冷蔵タイプのウルトラ自販機

 ウルトラ自販機は人手不足の救世主になるのか!? JR東日本スタートアップ株式会社がベンチャー企業と作り上げた新サービスが発表された。

 埼玉・大宮駅西口イベントスペースで4日に開催された体験型イベント「STARTUP_STATION」(入場無料で9日まで)で披露されたのは、最先端AI技術を使った無人ロボットパスタカフェ、瞬間凍結技術による鮮魚販売、AI味覚判定を活用した日本酒レコメンドサービス、ウルトラ自販機による駅弁・スイーツ販売の4つ。

 なかでも注目は、株式会社ブイシンク(東京・千代田区)が開発したウルトラ自販機だ。従来の飲料自販機は上方から商品を落下させることで取り出し口へ移動させていたが、ウルトラ自販機では取り出し口が商品の格納されている上部の棚までエレベーターのようにスライド。後ろから商品をやさしく平行に押し出すことで、ケーキや駅弁といった軟らかい食品まで形を崩さずに提供できる仕組みだ。

 奥行は約1メートルと大型だが、その分内部の棚は商品の大きさによって自由に変更可能。駅弁ならおよそ60食は格納できる。駅弁を売る自販機は日本初だという。

 さらに自販機のカメラによって利用者の性別や年代を判別して商品をおすすめする機能を持つほか、外国人も気軽に使えるようにタッチパネルは5か国語に対応。そして災害時にはLアラートを通じて、震災情報や津波情報などの緊急表示も備え、二役も三役もこなす“ウルトラマシン”だ。

 同社の井部孝也社長は「現在は冷蔵あり、なしの2モデルだけだが、来年には冷凍に対応したモデルを開発予定。エキナカだけでなく新幹線の中に載せられないかという相談もいただいているので、さらに進化させていきたい」と意気込んだ。

 本紙おなじみの流通ウォッチャーの渡辺広明氏は「飲食、小売り業界では人手不足が深刻化しており、省人化が待ったなしの状況。無人店舗と自販機が両輪となって解決案となってほしいですね」と期待を寄せている。

【関連記事】