スターダムまた激震!高橋奈苗が電撃退団

2015年05月12日 16時00分

退団を決意した高橋

 女子プロレス「スターダム」のベテラン・高橋奈苗(36)が退団することが11日、本紙の取材で明らかになった。旗揚げから団体を支えてきた功労者が電撃離脱を決めた背景には、2月22日の東京・後楽園ホール大会で起きた、あの凄惨マッチがあった。

 

 再びスターダムに激震が走った。団体関係者によると、3月17日に左足首の軟骨除去手術を受けて欠場を続けている高橋が、団体を離れる決意を固めたという。2011年1月23日の旗揚げから参戦し、至宝であるワールド・オブ・スターダム王座の初代王者として団体をけん引してきたベテランは、昨年暮れから「退団か、あるいは引退か」と自らの去就について悩んでいたもようだ。

 

 スターダムは月1回のペースで後楽園大会を開催するなど、女子プロ界一の人気団体に成長。現ワールド王者の宝城カイリ(26)や岩谷麻優(22)ら若手選手も台頭したため、高橋は育成係としての役割を終えたことを実感していたという。そんなさなかに見舞われたのが、2月22日の後楽園で起こった“事件”だった。世Ⅳ虎(21)対安川惡斗(28)の試合は凄惨マッチになり、安川の顔面を破壊した世Ⅳ虎に無期限出場停止処分が下された。

 

 別の団体関係者によると、世Ⅳ虎だけに厳罰を科す団体側に疑問を持ち、ただ一人かばい続けたのが高橋だった。世Ⅳ虎の処分解除に向けてファンから署名を集めて団体側に提出したものの、受け入れられることはなかった。

 

 同時に現場責任者として「高橋の指導が悪かったから」と落ち度を問う声も出ていたため、高橋は約4か月間悩み続けた結果、退団を決断。既に団体側には4月下旬に意思を伝え、了承された。早ければ今週中にも正式発表される見込みだ。

 

 退団後の去就は未定だが、まずはリハビリに専念。夏ごろの復帰を目指し、フリーとして現役生活を続行するものとみられる。1996年7月14日に全日本女子プロレス(対中西百重)でデビューした高橋は、女子最高峰のWWWA世界シングル王座を最後に巻いた選手。実力と人気を兼ね備えており、各女子団体からオファーが届くのは確実だ。

 

 高橋はこの日、本紙の取材に対し「今は何も話せません…」とのみ口にして、退団については肯定も否定もしなかった。世Ⅳ虎と安川が不在の上、大黒柱まで失うことになったスターダム。凄惨マッチの代償は、あまりに大きかった。最大の後ろ盾を失う世Ⅳ虎にも影響を与えそうだ。