【RIZIN】阪神引退の藤川球児氏が〝リングイン〟 榊原CEOは参戦交渉の続行を明言

2020年11月21日 23時54分

表彰のためリングに上がった藤川球児氏(奥左)

 格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)のメインイベント終了後、今季限りで引退した元プロ野球阪神投手の藤川球児氏(40)がリングに上がり、朝倉未来(28)に勝利した修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33)の腰に真新しいフェザー級王者のベルトを巻いた。

 参戦オファーを出す意向をすでに本紙に明かしていた榊原CEOは「大みそか、口説きたいですね。ネットとかでいろいろ言われるでしょうけど、やめません。どんな形で参戦? 試合するしかないでしょ。それぐらいの思いでやります」と断言した。まさかまさかの参戦はあるのか。こちらの行方も注目だ。