園子温氏、榊英雄氏ら「性加害」で激震の映画界 監督らへの “身体検査” 開始に怯える面々

2022年04月18日 05時15分

園子温氏(左)と榊英雄氏(東スポWeb)
園子温氏(左)と榊英雄氏(東スポWeb)

 相次ぐ性加害報道に映画界は〝緊急身体検査〟を行っているという。

 映画監督の園子温氏、榊英雄氏、俳優・木下ほうかなどの愚行に映画界は大揺れだ。園氏の作品でデビューした女優・吉高由里子はSNSで「はあ…なんかそんな件で名前を聞きたくなかった方々が…よくない。優越ある地位を利用して夢に向かう姿を欺くなんて。本当に残念」と名指しこそしないものの、暗に批判。また、告発系ユーチューバーとして大ブレークした「ガーシーチャンネル」では、園氏のことを「クズ」「自分の推す女優を主役にできなかったために現場にほとんど来なかったと(綾野)剛から聞いた」などと暴露されている。

 また、水原希子は週刊文春で「芸能界の性加害問題」を告発。さらに鈴木砂羽はメディア「note」で「長いモノに巻かれてやり過ごす時代は終わった」などと、セクハラだけでなくパワハラ体質についても批判した。

 実際に園氏は公の場でも〝セクハラ放言〟連発だったという。

「報道陣のいる前で、ある女優に向かって『隙あらばエッチしたいと思っていた』と下心丸出しだった。園監督にナンパされるのは映画界では日常茶飯事で、園監督にすれば『おはよう』みたいな感覚だったし、女優たちも本音を隠してうまくいなしていたけど、それこそ新人女優はそんな強さもまだ持ってないから、困っていたでしょうね」とは映画関係者。ひと昔前の映画界ではセクハラ、パワハラが当たり前のように横行していたという。

 だが最近は、あらゆるハラスメントに厳しい目を向ける時代となった。そうした中で映画界も「ホワイト化」に向けて、監督や俳優の〝身体検査〟を行っているという。

「最近は、複数の出資を募る製作委員会方式を採っている映画が多いため、特にコンプライアンスが重視される。新しい企画に関しては、企画が動き出してから発覚することがないように、過去の言動などのチェックもするようになった。でも、これが簡単ではない。本当にクリーンな監督って少なくて、セクハラはなかったとしても、『パワハラは山ほど』なんて方も多い」(同関係者)

 具体的には、園氏と合コン仲間である監督や、現場で俳優に対して異常に厳しい監督の名前が挙がっているという。

「今回は、過去にさかのぼって報じられているだけにジャッジが難しい。『昔はやってたけど今はやってない』というケースも多いから」(同)

 この流れはしばらく止まりそうもないため、ハラハラしている監督もかなりいるという。

関連タグ: