珍始球式だ! 元横綱白鵬の間垣親方や北島康介氏ら豪華14人が一斉にノーバン投球

2022年07月07日 18時43分

左から水谷隼、間垣親方、北島康介、森重真人、岩清水梓(東スポWeb)
左から水谷隼、間垣親方、北島康介、森重真人、岩清水梓(東スポWeb)

〝珍プレー〟ならぬ〝珍始球式〟だ。7日の巨人―ヤクルト戦(東京ドーム)前に、両球団を含めた東京をホームタウンとする14のスポーツチーム・団体によるプロジェクト「TOKYO UNITE」の発足を記念し、豪華メンバー14人による始球式が行われた。

 同プロジェクトは、野球、サッカー、バスケットボール、ラグビー、卓球、競泳のチームと日本相撲協会が競技の壁を越えて協力し合い、新たな価値を生み出すことが目的で、相互マーケティングや共同のグッズ開発・販売、スポーツ体験イベントや困難を抱える子供たちへの支援、情報発信などを行っていくというもの。

 この日の始球式には元横綱白鵬の間垣親方、競泳のアテネ、北京五輪金メダリスト・北島康介氏、東京五輪金メダリストの水谷隼氏ら12人に巨人・岡本和、ヤクルト・村上を加えた14人が登場。大きな拍手の中でプロアスリート&著名人が出そろうと、一同横並びとなり、まさかの「一斉始球式」が行われた。

 それでもさすがはトップアスリートたち。全員がノーバン投球を披露し、スタンドのファンは拍手喝采となった。

関連タグ: