巨人ドラ1・大勢が恩返しの奮投誓う「いろんなご縁があって入団した」

2022年01月12日 17時52分

巨人のドラフト1位ルーキー・大勢(東スポWeb)
巨人のドラフト1位ルーキー・大勢(東スポWeb)

 ルーキーイヤーから恩返しの活躍を見せる。巨人のドラフト1位ルーキー・大勢投手(関西国際大=22)が12日に、「NPB新人研修会」にリモート参加した。

 コロナ禍の影響でリモート講義となった研修会では、SNS使用に関する注意点や税金についてなどの実用的な講義から、球団OBの井端氏による特別講義も実施。大勢らルーキーたちは半日かけて全課程を受講した。

 初めてプロの世界に飛び込む新人にとっては、目からうろこの講義となったようだ。大勢は「全体的にそうだが、プロ野球選手としての自覚、行動、言動一つに責任をもって生活していかないといけないなと思った」と気を引き締めた。大先輩・井端氏の講義についても「プロの試合数は多いんですけど、1球1球に勝負をかけていくというか、社会人と大卒は1年目から勝負してほしいと。自分もそう思っていたので、1年目からしっかりと勝負していきたい」と決意を新たにしていた。

 目標は、ルーキーイヤーからの活躍で球団に恩返しをすることだ。「いろんなご縁があって読売ジャイアンツに入団した。高校のころに指名漏れした悔しさも味わっている。その悔しさもあるし、選んでもらって評価してもらった球団でもあるので、日本一になるような戦力として恩返ししていきたい」。新人ながら、開幕一軍の舞台を虎視眈々と狙っている。

関連タグ: