中日・勝野が繰り出した神業「NLBK」とは…

2021年04月18日 19時54分

さりげない動きで小笠原(右)にカンチョーを決める勝野

【目撃】中日―広島戦が行われたバンテリンドームで「ケツ定的瞬間」をキャッチした。

 試合前の中日の練習中のこと、同い年の勝野昌慶投手(23)と小笠原慎之介投手(23)が仲良さげに話をしていた。妙な胸騒ぎがあったため、2人の様子をレンズ越しにうかがっていると…。去り際に勝野が何とも自然なしぐさで「ノールック・バックハンド・カンチョー(NLBK)」を繰り出したのだ。

 これは球界広しといえども、なかなかお目にかかれないテクニック。その後の試合に先発した小笠原は7回途中6安打1失点と好投するも、チームは逆転負けという残念な結果となってしまいましたが、ここはテクニシャン・勝野の次回登板に期待したいところです。

(4月18日、バンテリンドーム)

関連タグ: