冬は血圧が大きく変動する季節だ。血管に関係する大きな病気の発症リスクも高い時期だといわれ、突然死にもつながりかねないのだが、では、なぜ冬は血圧が高くなるのか。そして、どういうことに注意すべきなのか。循環器専門医の高橋通先生に教えてもらおう。

 ――冬は血圧が上がると聞きます。どういう仕組みなのでしょうか

 高橋医師(以下、高橋)寒いと交感神経が優位になり、血管が収縮します。末梢の血管を細くして、熱を逃がさないようにします。すると心臓は、狭いところに一生懸命血液を送り出す必要があり、その結果血圧が上がります。

 ――ということは、冬は誰でも血圧が上がるということですか?

 高橋 そのとおりです。あとは、冬ならではの食事や生活も影響します。冬は保存食や鍋物など塩分が多い食事を摂取しがち。また、運動量も減り、体重が増えてくることも血圧が上がる要因のひとつですし、運動をしないことで汗もかきません。ナトリウム(塩分)が夏以上に体外に出ていきにくいともいえますね。

 ――塩分が血圧と密接な関係にあるんですね

 高橋 私たちの体はナトリウム濃度が高くなると、濃度を平常に戻すために血管内に取り込まれる水分量が増えます。すると、血液量が増え、その血液を頑張って体中に押し流す必要があるため、血圧が上がるのです。

 ――そもそもなぜ日頃からの血圧コントロールが大事なのでしょう?

 高橋 動脈硬化が進む要因になり、大きな病気につながりかねないからです。血管は加齢や高血圧、高血糖や高コレステロール、喫煙や肥満などで動脈硬化が進みます。

 ――冬は「ヒートショックに気をつけよう」という言葉もよく聞きます

 高橋 ヒートショックとは急な温度差によって、血圧の変動が起こり、体に大きな負荷がかかることを指します。動脈硬化が進んでいる状態で、冬場にぐんっと血圧が上がることで体に大きな負荷がかかり、心筋梗塞など血管系の大きな病気を発症する引き金になるのです。

 ――怖いですね。お風呂やトイレの寒暖差に注意しようという話もこの時期はよく耳にします

 高橋 まさしくその2か所はヒートショックが起きがちな場所です。予防のために、脱衣所や便座などを温かくしておくことや、お風呂に入る前にはコップ1杯の水を飲み、血液をサラサラにするということを意識してみましょう。 

 ☆たかはし・とおる 東京都出身。医学博士。1994年に筑波大学医学専門学群卒業。2008年、東京大学大学院医学系研究科修了。現在、東京国際クリニック医科の院長を務める。日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本人間ドック学会認定医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定産業医。テレビや雑誌でも活躍中。