写真の場面であなたならどうする? 何を切る? 下にある【答え】を読む前にまずは考えてみよう。

 トップ目でアガリに向かっている終盤で引いてきた南。親の伊達はテンパイ気配。待ちは選べる状況だが…。

【答え=5索】麻雀は「不完全情報ゲーム」と呼ばれる。自分の手牌と捨て牌、ドラ表示牌、鳴いてさらされた牌以外は、どこにどの牌があるか分からないからだ。他者の手の内にあるのか、それとも山の中にまだ眠っているのか。ここの判断が的確であるほど、アガリには近づいていく。「ネット麻雀の神」とも呼ばれる渡辺太(ド)は、見た目の枚数よりも自身の読みを信じて、見事にアガリをゲット。どんな思考が巡らされていたのか。

 4・7索待ちだったところ、雀頭の南をもう1枚引いて暗刻に。ツモ切りするか索子に手をかけて単騎待ちに移行するか。テンパイ気配が漂う2着目で親番の伊達朱里紗(格)の攻撃をかわしたいだけに、選択ミスはしたくない。6索切りは5索待ちがフリテンになるため、5索か南かの2択だったが、渡辺は5索を切って6索単騎待ちを採用した。

 河を見るに4・7索待ちは3枚見えの5枚残り、6索単騎は1枚切れの2枚残り。これだけなら4・7索待ちが有利に見える。ただし渡辺は「4・7索待ちは伊達選手の現物ではあるのですが、点数的に(僅差で)差し込んでくれる人もいない状況。4・7索の出アガリは期待できない」と、まるで手応えがなかった。

「伊達選手が筒子の一気通貫か役牌しか考えられないのもあり、もし危険牌を持ってきた際に当たり牌を止められる、かつテンパイが取れるように単騎待ちにしました」。確かに4・7索待ちを維持すれば、実際に伊達が待っていた中を引いた瞬間に手を崩してノーテン、もしくはツモ切りして放銃となるところ。相手の当たり牌をそのまま単騎待ちに変えられる攻防一体の選択でもあった。「南を暗刻に単騎待ちすることにより、1役+符が上がり、打点が上がるというのも、待ちを変えた理由になります」。

 正確な選択が功を奏し、次巡に伊達が捨てた6索でロン。完璧だった。