高級ブランド・グッチとフィギュアスケート男子で五輪2連覇を果たしたプロスケーター・羽生結弦(28)の〝コラボ企画〟が大きな話題となっている。

 グッチは東京・銀座のフラッグシップショップ「グッチ銀座」の上層フロアに、文化的なコラボレーションをたたえる新スペース「グッチ銀座 ギャラリー」を28日にオープン。トップバッターには羽生が選出された。

 男子で唯一スーパースラム(主要国際大会6冠)を成し遂げるなど、競技者時代から輝かしい実績を残してきた羽生は、昨年7月からプロとして活動をスタート。間もなく1年を迎える節目のタイミングに合わせ、女性誌「エル・ジャポン2023年8月号羽生結弦特別版」では、グッチを身にまとい、初めて本格的なファッションポートレート撮影に挑んだ。

「エル・ジャポン2023年8月号羽生結弦特別版」の販売日と同じ28日から始まる展覧会は「YUZURU HANYU:A JOURNEY BEYOND DREAMS featured by ELLE」と称され、多角的なアプローチを通して、羽生結弦という存在とのパーソナルな対面を体感できるという。

 羽生は「撮影では、フィギュアスケートを通じて培ってきた感情表現や腕の動かし方などを生かすことができ、リンクで納得のいく演技ができたときのように充実感がありました。写真展では、グッチをまとった羽生結弦の新たな一面を発見していただけると思います」とコメント。

 ファンからは「ハイブランドも似合う。しかも銀座に相応しい」「グッチに君臨する羽生結弦に心臓が破裂しそう」「羽生結弦のマーケティング戦略が最強すぎてひれ伏すレベル」などの声が飛び交っている。