お笑いコンビ「おぎやはぎ」小木博明が15日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に出演。女優・広末涼子とフレンチシェフ鳥羽周作氏の〝W不倫〟に言及した。

 この問題を報じたのは「週刊文春」。広末は当初、不倫を否定していたが、一転して事実を認め、インスタグラムに謝罪文を掲載した。しかし「文春」は第2弾として、2人の交換日記やラブレターの中身を明らかにした。

 この流れに小木は「認めざるを得ないっていうことで、認めたんでしょうけど、なのに(第2弾が)出ちゃったっていう。なんか今までこういうことってないじゃないですか」とびっくり仰天。

 続けて「普通、認めた時はよく文春の人は言うけど、『武士の情けだ』って言って、第1弾でちゃんと認めて謝罪してくれるんだったら、もう他は出しませんよっていうのがあるんですよ。なのに今回出したって、ちょっとなんか今までと違うな、と。ラブレター事件ですよ。そこにはいろんな〝闇〟があるんでしょうね。出さなきゃいけないという」といぶかった。

 さらに今回流出したラブレターを「交換日記みたいな感じ」と表現。自身も小・中学生時代に交換日記をしていたそうで「交換日記の重みを知ってる人間として言わせてもらうと、これを出されちゃうとちょっとプライバシーに関わってくるよ、これは。心外ですよ」と怒りをにじませた。

 その上で「中学なんて結構流行ってて、誰と誰が交換日記してるなんて噂は、どんどん回ってきて。付き合うんだなとか、付き合ってたとか、そういう情報も入ってんだけど。それを発表するってことは、集団イジメだよ、これは。だからこれさ、大人たちがみんなこれでイジメてるのとしか思えないよね。団体で、集団で」と報道を批判した。

 そして「俺はもう、これに関してはもうイジメに加担しないようにしようと思って」と宣言した小木だったが、すぐさま「こんな(にラジオで)言っちゃってるけどね」と付け加え頭をかいていた。