俳優の綾野剛らへの暴力行為等処罰法違反(常習的脅迫)容疑などで、警視庁から逮捕状が出ている元参院議員のガーシー(東谷義和)容疑者(51)が、1億円もの大金が凍結状態で、自身の手に入らない状態に陥っていることが分かった。

 ドバイに滞在するガーシーは3月16日に逮捕状から出て、4月13日には旅券が失効。同日には国際刑事警察機構(ICPO)から情報提供を求める国際手配もされた。警視庁はガーシーの側近の一人である池田俊輔氏を威力業務妨害などで逮捕し、ガーシーの実家や関係先などを捜索し、カネの流れを追うなどして、〝兵糧攻め〟を展開している。

 この状況で「ガーシーにあと1億円払わないといけないが…」と対応に苦慮しているのが政治家女子48党創設者の立花孝志氏だ。立花氏は3億円の支払いを条件に昨年の参院選にガーシーを擁立。すでに2億円は支払い済みというが、残る1億円はまだ支払いできていないという。

 立花氏は大津綾香氏との間で政治家女子48党の代表権争いを繰り広げている最中で、その影響かといえば、そうではない。ガーシーに逮捕状が出ている状態で、1億円を渡すとなると資金援助で、逃走を手助けする犯人隠避罪に問われる可能性が出てくるため、法に触れない形を模索しているという。

 もっともガーシーは3億円あった借金をすべて返済し、オンラインサロンで莫大な収益をあげたとあって、金に困っている様子はない。

 3月末で暴露を一切封じ、エンタメ・趣味系のポジティブな話題のみの発信にチェンジ。オンラインサロンの会員は激減しても穏やかな日々を送っているようで、1億円が事実上凍結されている状況にも理解を示し、立花氏との関係も良好だ。

 警視庁は難攻不落の〝ガーシー城〟に地団駄を踏んでいる状況だ。