前世界バンタム級4団体統一王者の井上尚弥(29=大橋)が、新WBA同級王者となった弟の井上拓真(27=大橋)に合格点を与えた。

 拓真は同級王座決定戦(8日、東京・有明アリーナ)で、リボリオ・ソリス(41=ベネズエラ)を判定3―0で破り王座奪取に成功。自身が返上したベルトを弟が獲得したことについて、井上は「うれしい」と言い、メンタル面の成長ぶりを強調した。

「ボクシング面でもそうだけど、気持ちの面での成長も感じる。自分がやらなければならないこと、必要なものを考えながら、過ごせている。ボクシングの技術は急激に上がることはないと思うんで、そういうところは一つひとつ成長していってほしい」

 拓真は5ラウンド(R)にソリスの左ヒジが命中。左眉上をカットするアクシデントに見舞われたが、動揺せず最終12Rまで攻め抜いた。そうしたメンタル面を評価したようだ。

 弟は、自身に続きバンタム級で4団体統一を目指している。「まずは勝てたことが合格点」という兄は「そこ(4団体統一)はタイミングがあるから」と言いつつ「本人が一つひとつ集めて、そういうところに向かっていくと思う」と話していた。