日本相撲協会の審判部は6日、大相撲初場所(8日初日、東京・両国国技館)の取組編成会議を開き、初日と2日目の取組を決めた。横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)は昨年10月に両ヒザを手術した影響で休場。出場力士で番付最上位となる大関貴景勝(常盤山)は初日に新小結の若元春(荒汐)、2日目に幕内翔猿(追手風)と対戦する。

 審判部長の佐渡ヶ嶽親方(元関脇琴ノ若)は一人大関となる貴景勝について「先場所(九州場所)は相撲がだいぶ良くなってきている。本来の貴景勝らしい相撲が取れるようになってきた。大関の責任を果たしてほしい。照ノ富士が休場している分、頑張ってもらわないと」と奮起に期待した。

 ただ、今場所の綱取りの可能性については「まだ場所も始まってないから、今は何とも…。今のところ何とも言えないところですよね、そこは」と具体的な言及を避けた。貴景勝は先場所で12勝(3敗)を挙げて優勝決定戦に進出(優勝同点)。横綱審議委員会の高村正彦委員長(元自民党副総裁)は、初場所に好成績で優勝すれば、綱取りもあり得るとの認識を示している。