フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第2戦チェコ大会女子シングルを制した島田麻央(13=木下アカデミー)を、元世界女王が絶賛だ。

 今大会がジュニア国際大会デビューとなった島田は、3日のフリーで冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を鮮やかに決めるなどし141・16点をマーク。合計212・65点で初優勝を飾った。

 華麗な演技に注目したのが、2015年世界選手権女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(25=ロシア)。インスタグラムのストーリーズに「島田が3回転半を跳び優勝した」と記されている島田の写真を投稿し「この子が好き‼」と
記述した。

 自身も3回転半を跳ぶ妖艶女王。若き才能に心を奪われたようだ。